森林浴と蘇りの湯を楽しむ【赤木越分岐~湯の峰温泉(赤木越)】

森林浴と蘇りの湯を楽しむ

コース概要

「赤木越」とは船玉神社から湯の峰温泉経由で熊野本宮大社に向かうルートで、近世には頻繁に利用されたコースです。
船玉神社から音無川沿いに歩くと広場があり、ここからスタートするとゆっくりペースで約3時間ほどです。

音無川の支流にかかる丸太橋を渡ると、杉桧の森が広がり、その間を縫うように木の階段が細く続いています。
遠くでせせらぐ音無川の源流に耳を澄ませながら、つづら折れの急な階段を登りきれば、このコース最大の難所が終了です。
ここからなべわり地蔵まで、雑木林の緩やかな尾根道が続きます。
この辺りが「献上」と呼ばれるのは、かつて一遍上人が無償で手厚くもてなした茶屋にちなむそうです。

なべわり地蔵に到着すると、徐々に視界が開けて、見晴らしが良くなります。
緩やかな下り坂が続きますが道幅が狭い場所もあるので、注意しながら歩きましょう。

右手にお大師様を見て柿原茶屋を過ぎ、さらに下ると「地獄坂」。
ここを過ぎると湯の峰温泉が眼下に広がります。

ウォーキングの後は古くから旅人を癒した日本最古の湯でリフレッシュ。
周辺のお店では生卵が売られており、熱湯が湧き出る「湯筒」で温泉卵をつくるのも湯の峰温泉ならではのお楽しみ。

  • 距離・時間:5.9km(高低差約300m)/約3時間
  • 歩行数:14,300歩
  • 消費カロリー:平均約346kcal

「赤木越」コースの詳細はこちら


ガイドツアーご希望の方へ

熊野セラピストによる健康ウォーキングツアーが可能です。お問い合わせフォームからお問い合わせください。