見事な眺望が楽しめるコース【小口~請川(小雲取越)】

見事な眺望が楽しめるコース
心地よい木立の中で、快適なウォーキングが楽しめます。

コース概要

標高610mの妙法山の中腹を越えて本宮町請川を目指すこのコースは、熊野古道随一の難所といわれる「大雲取越」に続く山越えであることから、「小雲取越」と呼ばれています。
しかし大雲取越ほどの標高差はなく、桜峠を越えればあとは緩やかな尾根道を辿る快適なハイキングコースです。
途中には自然林やシダの群生がみられ、腐葉土のクッションでふわふわと歩きやすい道が続きます。

新宮市熊野川町小口から、県道をしばらく歩き小和瀬の集落へ。
ここが小雲取越の起点となり、桜峠まで厳しい登り坂が立ちはだかります。
急な坂道を登るときは無理をせず、30~40分に1回は小休止を。
長すぎる休憩は逆に疲れるので、立ち止まる程度で充分です。

峠を登りきると、ここからは比較的快適な尾根道に。
林道との交差点から20分ほど歩くと、百間ぐらの素晴らしい眺望がひらけます。
熊野三千六百峰ともいわれる雄大な山々を眺めながら大きく深呼吸すれば、心と体に元気が蘇ってくるようです。
百間ぐらを過ぎると、残りはほとんど下り坂。
緑の香りに包まれて、のんびり森林浴を楽しみながら歩きましょう。
木立の間から熊野川の流れを望めば、ゴールの請川まではあとわずかです。

  • 距離・時間:13.0km(高低差約450m)/ 約6時間30分
  • 歩行数:18,667歩
  • 消費カロリー:平均約450kcal

小雲取越コースの詳細はこちら


ガイドツアーご希望の方へ

熊野セラピストによる健康ウォーキングツアーが可能です。お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。