大日山を越えるコース【熊野本宮大社~湯の峰温泉(大日越)】

大日山を越えるコース
大日山を越えていく本格的な熊野古道歩きが気軽に楽しめます

大斎原 月見ヶ丘神社
鼻欠け地蔵 湯峯王子

コース概要

「大日越」は、熊野本宮大社から旧社地と呼ばれる大斎原を経由し、熊野参詣の旅人の湯垢場として賑わった湯の峰温泉へと抜ける1時間半のショートコース。
距離は約3kmと短いものの、大日山を越えていく本格的な熊野古道歩きが気軽に楽しめます。
コースの途中には、興味深い伝説が残された地蔵や一遍上人ゆかりの碑など見どころもたっぷりです。

熊野本宮大社を出発し、しばらくすると大日越の登り口へと辿り着きます。
ここには熊野古道歩きの旅行者のための杖が用意されているので、ぜひ利用しましょう。
山へと踏み込むと、急な登り坂が20分ほど続きます。
月見ヶ丘神社に到着したらこちらで小休止。
本コースを案内してくれた語り部さんによると、立ったまま休憩するほうが後の行程が楽なのだとか。
深呼吸やストレッチで疲れた体をほぐしましょう。

この先は比較的緩やかな道になるので、森林の中の爽やかな空気や鳥のさえずりを楽しみながら進みます。
鼻欠け地蔵を超えると、今度は長い下り坂に。
湯峯王子が見えてきたら、湯の峰温泉までは5分足らずで到着。
ウォーキングの後は、日本最古の湯に浸かりリフレッシュできるのもこのコースの魅力です。

 

  • 距離・時間:3.4km(高低差約300m)/1時間30分
  • 歩行数:8,337歩
  • 消費カロリー:平均約200kcal

大日越えコースの詳細はこちら


ガイドツアーご希望の方へ

熊野セラピストによる健康ウォーキングツアーが可能です。お問い合わせフォームからお問い合わせください。