歩きやすい人気No.1コース【発心門王子~熊野本宮大社】

日本の原風景にであえる、歩きやすい緩やかなコース
熊野の文化、季節ごとに色を変える自然を味わえるコースです。

コース概要

熊野古道には往時の面影をしのばせる中辺路、小辺路、小雲取越などの参詣道が今も残されています。発心門王子から熊野本宮大社を目指す本コースは中辺路ルートのひとつで、熊野古道の中でも名高い散策コース。雄大で美しい景色が眺められるポイントが点在し、緩やかな道が多いので初心者でも気軽に楽しむことができます。

スタートとなる発心門王子は熊野本宮大社の霊域の始まりといわれ、周辺ではおごそかな雰囲気が感じられます。さらに森林浴を楽しみながら進むとやがて伏拝王子に到着。ここでは果無山脈を望みながらおおらかな気持ちでストレッチを。周辺の棚田や茶畑の景観もお見逃しなく。

三軒茶屋跡からは江戸時代につくられた石段が残り、情緒もたっぷり。また途中、立ち寄れる見晴台から旧社地を望む光景は、現在版の伏拝王子といったところ。祓戸王子を過ぎると熊野本宮大社はもうすぐ。約4時間の行程で荘厳な雰囲気の熊野本宮大社に到着。

  • 距離・時間:6.8km(高低差約200m)/4時間(昼食等含む)
  • 歩行数:14,300歩
  • 消費カロリー:平均約346kcal

「発心門王子~熊野本宮大社」コースの詳細はこちら


ガイドツアーご希望の方へ

熊野セラピストによる健康ウォーキングツアーが可能です。お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。