プログラム例【熊野で健康ウォーキング】

熊野で健康ウォーキングは、熊野セラピーのメインコンテンツ

熊野古道を語り部や運動インストラクターとともに歩くことで、自然に五感を高めていけるウォーキングです。森林浴や瞑想、ストレッチやレクチャーを自然な形でプログラムしたウォーキング。

アフターケアも含め、からだへの負担を抑制しつつ、心身の機能を高める安全・安心のウォーキングです。

プログラムの流れ

事前チェック

健康チェック

体調問診、血圧測定
(希望者はハートモニターを装着し自分の心拍数を確認しながら歩けます)

準備運動

プレウォーキング

少し負荷をかけ、からだを慣らします。

ストレッチ・準備体操

準備運動。移動によるからだのこわばりをほぐします。

瞑想

心を落ち着け、森の音や風を感じる五感の準備運動です。

ウォーキング

五感エクセサイズ

鳥の声、光、風、森林、熊野の自然はたっぷり五感を刺激します。
眠っている自身の力を引き出すことで、免疫力を高める誘いをコースの各所で行います。

見る

熊野の山並み、緑濃い森林、ほっこりした里の風景、パソコンなどで日頃疲れた目を休めます。

聴く

せせらぐ水の音、鳥の声、熊野の森は心を落ち着かせる音がたくさんあります。

ふれる

神が宿ると信じられた巨木や優しい木の葉、冷たい水。みずみずしい感覚が蘇ります。

嗅ぐ

古道沿いでは、森林や路傍の草花、土や雨の香りに包まれています。

味わう

からだに優しい地元の食材でおいしいお弁当も楽しみのひとつ。

感じる

谷から吹く風、木漏れ日と陰、清流など温もりや冷たさを反復することで自律神経を刺激します。

全身を使う

大きな声でこだまを呼ぶ、いっぱい笑う。有酸素運動のウォーキングとともに、心地よく全身を使うことでリラクゼーション効果を高めます。

メンテナンス

ストレッチ

疲れを残さないために、各所でストレッチを行います。古道沿いの柵や階段などもうまく利用し、楽しみながら自然にメンテナンスをします。

アフターケア

クールダウン

ゆっくりからだを伸ばし、緊張した筋肉をほぐします。
アロマを利用したストレッチ指導もあります。

温泉

古人も癒したお湯で、からだを緩めます。血液の循環を促進し、疲労物質のスムーズな排出を促すため、効果的なマッサージ法もレクチャーします。